朝ねぼうした日にもめっちゃおしゃれでいるためのベストセレクション

Category: まなぶ nebou01

超朝ねぼうした日に「マジで1分で家から出たい」
「けどおしゃれに見せたい」ときにするすべて

私はメイクとファッションの本を、今までたくさんつくってきました。
そんな中、つくづく「実用書って使えるな……」とかみしめるのが、朝ねぼうしたとき。
大変に朝ねぼうして「マジで1分でメイクしたい。いや、10秒くらいでしたい」という日に、
これまで編集した本のベストセレクションで切り抜けています。
著者たちのキラキラしたテクニックを、朝ねぼうのごまかしに使っているのです。
ありがたや……!
今日は、すべての朝ねぼうした人に、「知ってて助かった」というワザをお知らせします。

①「赤リップをつける」

赤リップを、じかにぐりっと塗ります。
赤という色がすでに派手なので、おしゃれに見えて、手抜きした感じがなくなると『必要なのはコスメではなくテクニック』に書かれています。
nebou02
ちなみに、寝ぼうしているくせに、メイクも落ちたくないので、この本の著者の長井かおりさんに教えてもらった「ジェーンアイデールのリップ」を塗ります。
このリップ、昼つけたまま飲み会に参加して、家に帰ったときに全然落ちていなかったときから、ものすごく愛用しています。おそろしいリップです。

②「メガネをかける」

黒い縁のメガネをかけます。「伊達メガネ」と本には書かれていますが、私は本気メガネです。黒い縁は小顔になると『会うたびに、「あれっ、また可愛くなった?」と言わせる』で神崎恵さんが言っていました。

③「ふんわりルーズポニーテールをする」

ポニーテールにする。ポニーをふたつ編みにする。毛先だけを根本に巻きつける。という簡単すぎる動きで、ふわゆるっとした可愛い髪になります。これも『読むだけで思わず二度見される美人になれる』で神崎さんに教えてもらったもの。ポニーテールも可愛くさせるなんて、神崎さんって本当にすごい……。ちなみに私は、通勤途中でこの動作をやっています……ごめんなさい。

nebou03

④「大きいピアスをつける」

毎朝、服に迷わない』で山本あきこさんに教えてもらいました。
ピアスは大きければ何でもOKです。大きいっていうのは「うわっ!でか!」というサイズのことです。
2,5センチ以上と本には書いています。
私は金の大きいフープピアスをつけます。これがあるだけで超おしゃれ。
基本的に毎日このピアスをつけていると何でもかんでもおしゃれ風に見せてくれるので、私は毎日つけるアクセを、まさかの玄関に鍵と一緒に置いています。こうすると、時短にもなるし忘れません。
nebou04

番外:コーディネートを決めておく

時間がない朝用のコーディネートを決めておくと、服も数秒で選べます(選べるというか思い出せるというか)。
赤リップにはボーダーがよりおしゃれだと前述の長井さんが言っているので、ボーダー×Aラインスカートがめっちゃ多いです。
コーデは、『いつも流行に左右されない服が着られる』のHanaさんが教えてくれたこれが神です。
トートバックとスニーカーでOKって…!ぜんぶユニクロだし!

nebou05

でも、たまに洗濯中でなかったりするので、もう1つスタメン決めてます。
それが白のワントーンコーデ。
上下白にして、青いカーデを引っかけるだけ。おしゃれ!

nebou06

以上、実は「リップしかしてない!!」という恐ろしい状態です。
でも、びっくりするくらい早く出られます。
これより前に、スキンケアの最後にかろうじてUV入り乳液を塗っています。
UV入り乳液は、ツヤが出て保湿力がすごいラロッシュポゼを心からおすすめします。
保湿を愛するものとして、硬いし、乾かないし!
ツヤがあると、スッピンをすごくきれいに見せます。

ちなみにこれをした日は、「今日なんかあるの?」と聞かれることが多いです……。
いつもよりおしゃれなんでしょうね。
プロの方たちの力が終結すると、手抜きなのにおしゃれに見えてしまうんですね。
これからも、ついていきます!

RANKING

この記事を書いた人

中野亜海
編集者
愛媛県出身。読んだ人が「きゃー! やりたーい!」となる本をつくりたいと思っています。メイクから世界遺産まで何でもつくってます。趣味は三味線と江戸時代。尊敬する人は保科正之。